コスパ最強!スマプラのレビュー!

清木場俊介が出演してるので購入しました。EXILE第一章からのファンです。最期のMステのステージを若かったけど今でも鮮明に覚えていて、もう2人で歌ってるのは見れないんだなと思っていたので、また共演してくれて言葉に表せないくらい本当に感謝と嬉しさでいっぱいです。

下記の商品です♪

2017年04月19日 ランキング上位商品↑

スマプラEXILE ATSUSHI LIVE TOUR 2016 “ITS SHOW TIME!!”(スマプラ対応) [ EXILE ATSUSHI ]

詳しくはこちら b y 楽 天

先程品物が無事届きました。発売日の前日に届くので大変うれしいです。また5年後とか10年後とかでもいいから2人でツアーやって欲しいなあ〜・・・(*^^*)夜に自分の部屋でゆっくりDVDデッキで!見ようと思ったのですが!スマホでも見れるので!届いてすぐ待ちきれずつい俊ちゃんとのツーショットの場面だけ見てしまいました。ライブDVDってノリノリでワクワクするものだけどじんわりとそしてホッとして…ATSUSHIはいつまでもここに居てほしいと涙が出たDVDでした。対応もよかったです。ライブに行けなかったので!DVDで楽しみました。届きました。購入して、即みました。SHUNもソロのときとは違う第一章の歌唱を再現していました。清木場俊介がいた、EXILE第1章が本当に好きだったので、10年ぶりのデュエットが聞けて感激です!本当に夢のような作品でした。ありがとうございました。ボーナストラックが、何度観ても感動します(>_<)ほんとに宝物の1枚です!届いてから、毎日楽しみに、見せていただいてます。本編も良かったのですが、ボーナストラックがやはり素晴らしかったです。それまでロック一辺倒だった自分が!当時二人の歌とメンバー全員のパフォーマンスに衝撃を受けたことを思い出しました。M&Aとただ逢いたくて…を歌ってくれたのは本当に嬉しかった。次回もよろしくお願いします。。そしてこれから年を重ねてもまた、彼らが二人で歌う歌を聴いていきたいと自然に思いました。最高です。デビュー当時からファンだったので!EXILEはやっばり!この二人でないと本物のEXILEじゃないと涙ながらに見てました。商品到着メチャクチャ早くてよかったです。あと、最後のチューチュートレインを2人で歌っている時のアツシの嬉しそうな楽しそうな一切作ってない表情で歌っている映像をみて、なんだかほっこりしてこちらも笑顔になりました笑一生大切にしたいDVDの1枚です。第1章が終わってから、EXILEから遠ざかっていて、まさか2人のハモリがまた見れるとは思いませんでした。今だから表現できるものでもあったと思います。原点を観た気がします。EXILE第1章のSHUN&ATSUSHIのハモリが凄く好きでした。俊がEXILE卒業して!アツシと会場でまた一緒に歌う事に抵抗もあっただろうし!もしアツシがオファーしてくれなかったらまた2人が同じ場所に立つ事はなかったかもしれない。やっぱりTAKAHIROとより清木場俊介と唄ってるATSUSHIのほうが好きです(*´∀`*)俊がゲストで出演したのをしって、中古でもいいから絶対買おう!!!!!!!!!!とは思っていたのですが、ダイジェスト動画を見て、そのやばさに即予約していました笑発売日当日に商品は届いたのですが忙しく17日に見ました。個人的にはただ…逢いたくてのSHUNの歌唱に胸に迫るものを感じました。二章になってからも好きな曲はありますし、ATSUSHIや清木場俊介のソロもそこそこ好きでしたが、多忙になっていくうちに少しずつ遠ざかっていました。最高の二人です。すぐにみました!ライブの内容も最高に感動しました。面白かったのはSHUNの羽1/2での熱唱にATSUSHIが引っ張られた形で、ATSUSHIにも第一章の頃の熱唱が戻ってきたところです。2人が見つめ合いながら、最高に楽しそうに歌う姿に涙が止まりませんでした。このDVDは宝物です。俊と歌っているパートしかDVDは見ていないのですが!本当にやばすぎる!!!10年という長い年月が経ち2人とも歌唱力が抜群に上がっているし!選曲も最高すぎる。とてもとてもよかったです!もう何回観たり聞いたりしてるかわからないくらいです!買ってよかったです。さらに二人がこの10年で積み上げてきた経験から歌声とハーモニーに魅力がプラスされてたように感じました。ATSUSHIとSHUNと同年代ですが!彼らと自分のこの10年の重みをかみしめながら!何度も繰り返し見たいと思 います。やっぱりこの2人のハモりは素敵過ぎます!!!何度も見直すくらい良かったです(*^o^*)再結成してほしいと思いました( ^ω^ )SHUNが出ていなければ購入しなかったです。自分自身の誕生日プレゼントです♪ありがとうございました。